Seigo Matsuoka   - Recitation

Young cellists   - Cello

2013 
"Honrou"  Setagaya Tokyo Japan


松岡正剛  朗読

若きチェリストたち チェロ

2013  | 東京都 世田谷区 ISIS館 本楼

松岡正剛は編集者、著作家として日本の知的リーダーである。「鳥の歌」に日本語詞を作る際、彼は日本古典文学のエッセンス、古語を巧みに用いてシェークスピアさながらの普遍性と啓示を織り込んだ。彼の朗読を彩るのはチェロを習い始めたばかりの子供達。未だ音階しか弾けない彼らの「鳥の歌」が聴けるのは平和な未来が作れてこそである。松岡の主催するサロン「本楼」での収録。

 
2020 "Renga-The Song Of Birds" Project
about us