Takuo Yamamoto   -  Woodwind Quartet

2013 
Setagaya Tokyo Japan


山本 拓夫  

木管四重奏

2013  | 東京都 世田谷区

トップスタジオミュージシャンであり、編曲家としても活躍する山本拓夫の一人多重録音版「鳥の歌」は井上鑑のプライベートスタジオで収録された。ジャズのエッセンスも感じさせる美しいハーモニーは原曲の叙情性を巧みに生かしている。

 

| Artist Message

 自分の収録までは、既に出来上がっている作品からあまり影響を受けないようにカザルスの演奏の他は何も見ないようにしました。木管四重奏は元のイメージを残したまま、木管六重奏はメロディー以外は自由に作りました。ガラコンサートでは一人ダビングで作った木管六重奏を生演奏でやってみたくなり、アンサンブル「halocline」を立ち上げました。この企画から新しい可能性が生まれたことに、大変感謝しています。

 収録は全て一人ダビングでしたが、撮影班から太陽でバスクラが輝いているのが奇麗という話があり、日光を待ったりとか、けっこう絵の方を優先させて録っていきました。ちなみに画面を分割するというアイデアはエンジニア赤川さんからのものです。

 
2020 "Renga-The Song Of Birds" Project
about us